1. 最大10名まで宿泊可能!ファミリーやグループで北部観光するなら「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」へ
名護市

最大10名まで宿泊可能!ファミリーやグループで北部観光するなら「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」へ

(投稿日:2020年03月16日)

スポット
  • ホテル
  • グルメ

沖縄自動車道 許田ICから車を走らせて30分ほど。この界隈では一際目立つ9階建ての建物がある。2018年10月にオープンした「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」だ。

古宇利大橋(写真)古宇利島大橋

ホテルから「21世紀の森ビーチ」まで車で約10分、「古宇利島」までは車で約20分など、観光やレジャーを楽しむのにアクセスしやすい最適な場所だ。最大10名まで宿泊できるので、ファミリーやグループのおでかけにぴったり。

今回はそんな「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」のおすすめポイントを紹介したい。

◆「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」の宿泊プランはこちら♪

プランを見る


■バルコニーからの展望も抜群!77㎡以上もある広々とした客室

客室(写真)定員最大10名のデラックスルームのリビング

9フロアに全40室ある客室は、最大10名宿泊可能な「デラックスルーム」と、定員最大8名の「モデレートルーム」、2部屋限定の「クラブルーム」、「バリアフリールーム」の4タイプ。バルコニーを合わせると77㎡以上もある広々とした客室となっている。

バルコニー正面には緑豊かな嘉津宇岳が広がり、高層階の部屋からは名護湾まで見渡せる最高のロケーション。

客室(写真)2部屋限定のクラブルームは個性的な壁紙がポイント

リビングは”琉球畳”を使用した落ち着いた空間。中央に置かれた大型テーブルでは、大人数でゆったり食卓を囲むことができる。IHコンロ付きのキッチンには、電子レンジや調理器具にお皿、カトラリーも完備しているので、食材を持ち込んで自由に料理をすることも可能。

客室
ベッドは低めの高さなので、子どもが上っても安心。デラックスルームやモデレートルームなどのベッドルームは、白い壁にウッドの木目がアクセントを利かせた落ち着いた雰囲気。クラブルームのベッドルームは、部屋の灯りを消すと天井が幻想的に光る壁紙を使用したこだわりの空間。

また、客室には布団も6セット用意。広々とした畳リビングも寝室として使えるので、乳幼児など小さな子どもを布団で寝かせることもできる。

客室
バスルームとは別途、シャワールームも完備されているほか、洗濯機とガス乾燥機も用意されているので、海水浴や水遊びの後も安心。長期宿泊の場合も快適に過ごせるのが魅力だ。

■部屋で絶品しゃぶしゃぶディナーを堪能

しゃぶしゃぶ
夕食はみんなで鍋を囲み味わう、県産あぐー豚を贅沢に使ったしゃぶしゃぶディナー。季節の野菜や薬味なども沖縄県産にこだわった内容だ。食材の旨さはもちろんのこと、気心知れた仲間と囲む鍋は格別だ。

■隣接する「OKINAWAフルーツランド」でとことん遊べる

OKINAWAフルーツランド
隣接するテーマパーク「OKINAWAフルーツランド」内にある「安里家ダイニング&キッチン」での朝食は、宿泊者だけのために用意される素材にこだわった沖縄料理やオリジナル創作料理をいただける。食後はそのまま園内で遊ぶことも可能。

南国ムードたっぷりの「OKINAWAフルーツランド」は、年間約40万人の来場者数を誇る人気の施設。珍しい熱帯・亜熱帯果樹が見られるほか、体験型アトラクション「トロピカル王国物語」も楽しめる。

そのほかにも、ホテルの周辺エリアには観光スポットやテーマパークなどもあるので、観光の拠点としても絶好の立地。

ぜひ4名以上のファミリー旅行やグループでのおでかけの際は、洗練されたリゾートステイとセカンドハウス感覚を味わってはいかがだろう。

◆「コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山」の宿泊プランはこちら♪

プランを見る


【場所】
コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山
名護市字為又1220-25-5

【客室数】
40室

地図を見る