1. 【ちゅらとく特典あり】日本情緒あふれる「指宿白水館」を沖縄県民におすすめしたい3つの理由

【ちゅらとく特典あり】日本情緒あふれる「指宿白水館」を沖縄県民におすすめしたい3つの理由

(投稿日:2019年03月01日)

スポット
  • ホテル
  • グルメ

鹿児島県薩摩半島の南端にある指宿市(いぶすきし)は、市内のどこからでもお湯が沸き出ると言われるほどの温泉の街。砂に埋められる入浴方法「砂むし温泉」や、オクラの産地として有名な観光地だ。

また、夏の時期は公務員がアロハシャツを着用したり、ハイビスカスやブーゲンビレアが咲くことなど、沖縄との共通点が多いのも特徴のひとつ。

そんな指宿市にある有名旅館「指宿白水館」の敷地内には、約3000品のコレクションが公開される「薩摩伝承館」や和の空間が楽しめる大庭園などがあり、1日中館内で過ごせるほど充実。ホテルが好きなちゅらとく会員に是非おすすめしたい宿のひとつだ。今回は、そんな「指宿白水館」を沖縄県民におすすめしたい3つの理由をご紹介。
※記事の最後にちゅらとく特典あり

◆指宿市のおすすめモデルコースもピックアップ!鹿児島県の楽しみ方はこちら

沖縄県民におすすめしたい指宿市の旅館「指宿白水館」とは

白水館
生い茂る松の木と青い海に囲まれた豊かな自然が、日本の美しさとやすらぎを感じさせる「指宿白水館」。毎日必ず専属の庭師により手入れされる庭園や、敷地内に設置された美術館「薩摩伝承館」など、沖縄のリゾートとはまた違った、和の魅力を感じさせる空間となっている。

①日本情緒あふれる景観と空間


■自然が織りなす和空間「大庭園」
白水館
5万坪の敷地内に広がる庭園は、松林とあこうの大木、ビロウやしに囲まれて自然を感じられる壮大な空間。広い敷地内は、夜になるとライトアップされ、幻想的な庭園へと変貌する。

庭園内に設置されたプールは7月1日~9月末まで解放され、庭園を眺めながらプールを満喫できるのも嬉しい。また、年中行事を大事にする「指宿白水館」では、焼酎祭りやミュージックライブなど、庭園で定期的にガーデンイベントが催されるので、イベントに合わせて宿泊するのもおすすめだ。

⇒イベント情報はスタッフブログをチェック!

■ゆったり寛げる和空間と錦江湾の展望が自慢の客室「離宮」
白水館
おすすめの客室は、全室から海を眺めることができる「離宮(りきゅう)」(和洋室)。全室海側に面している離宮からは、一日を通して景色が変わる錦江湾(きんこうわん)を楽しむことができる。伝統的な“和”を基調とした造りは、ゆったりとした落ち着いた時間を過ごせるのも魅力的。

畳の匂いが心地よい和室でくつろいだり、洋室で錦江湾を眺めたりと、客室内でゆっくり過ごしたい方に最適な客室となっている。

また、館内がとても広い指宿白水館は、客室の場所にもこだわりたいところ。離宮は、観光地としても知られる「薩摩伝承館」との距離が近く、広い薩摩伝承館を見終わってすぐに客室でゆっくりできるのも嬉しいポイント。

白水館
[お着きの菓子には、鹿児島名物「かるかん」が用意されている]

客室でお風呂を楽しみたい方には、ひのき風呂が客室に設置される「磯客殿(いそきゃくでん)」がおすすめだ。

■日本の伝統美の形を平等院鳳凰堂に求めつくられた「薩摩伝承館」
白水館
“ここに来れば薩摩がわかる”をコンセプトに造られた「薩摩伝承館」は、薩摩の歴史と文化をテーマとした美術品の数々を観賞できる。

中には約3000点のコレクションからおよそ300点以上の品々が公開されており、薩摩の歴史を学びながら美しい美術品を楽しむひとときは、感性が洗われるような心地よさを感じられる。

白水館

また、平等院をモチーフに造られた外観は、夜になるとライトアップされ、幻想的な彩を見せる薩摩伝承館を眺めることができる。指宿白水館に宿泊して昼と夜に眺めることができるのも、宿泊することのメリットだと言えるだろう。

◆薩摩伝承館
【電話番号】0993-23-0211 (薩摩伝承館)
【開館時間】8時30分~18時(最終入館時間)
【休館日】無休 (メンテナンス休業日あり)
【入館料】大人1500円(団体1350円)/大学生1200円(団体1080円)/高校生 600円(団体540円)/小中学生300円(団体270円)

<館内レストラン>
【電話番号】0993-23-0214 (ご予約)
【営業時間】ランチ11時30分~14時30分(ラストオーダー)/ディナー18時~21時(フードメニューラストオーダー)
【定休日】無休

⇒「薩摩伝承館」公式ページはこちら

②壮大な風景ごと楽しめる温泉


■まるで宮殿のよう!迫力満点・種類豊富な温泉

白水館
まるで宮殿のように和空間が広がる入浴施設。入った瞬間、迫力満点の光景に思わずテンションが上がってしまうほど壮大だ。

中には複数のお風呂が設置されており、日本の温泉の歴史を再現した江戸情緒あふれる「元禄風呂」には、浮世絵を壁一面に施した浮風呂や江戸石榴風呂、樽風呂や日本古式のサウナの一種で知られる窯風呂など、個性溢れるお風呂を満喫できる。壁面には、江戸時代の入浴風景が描かれているなど、入浴中も観賞を楽しめるのも嬉しい。

外には、東屋式休憩所が設置された露天風呂やうたせ湯、釜風呂が設置され、指宿市の外の空気を感じながらの入浴も是非満喫して欲しい。

白水館
また、指宿白水館の温泉は「美肌の湯」といわれるもの。「美肌の湯」の基準となるのは、美肌をつくるのに欠かせないといわれる「メタケイ酸」。メタケイ酸の保有量が50㎎のものを「美人の湯」、100㎎のものを「美肌の湯」というのだそうだ。指宿白水館では、このメタケイ酸が245㎎も含まれる、かなり美肌効果の高いお湯となっている。

■指宿で昔から愛されてきた「砂むし風呂」
白水館
また、指宿の天然砂むし温泉は世界的にも珍しいお風呂。海が身近にある沖縄県民も、海岸で砂に蒸される経験をしたことがある人は少ないのでは?

砂むしは指宿で300年もの昔から愛されてきた温泉。体の深部体温が上がるり、血液循環が活性化することで体をリフレッシュさせる効果がある。そのリフレッシュ効果は、通常の温泉のなんと3~4倍ほどの効果があるのだそうだ。

指宿市内にも砂むしが楽しめる施設は複数あるが、指宿白水館内の砂むしは屋内なので、日焼けが気になる方は指宿白水館で砂むしを楽しむのがおすすめだ。

③四季に合わせた旬の料理


白水館
指宿白水館に宿泊した際は、2食付きプランがおすすめ。指宿白水館では訪れた人に、四季折々の味覚を味わってほしいという想いのもと、献立を毎月変えているのだそう。枕崎産カツオ、錦江湾産きびなご、屋久島産トビウオなどの新鮮な魚介類や、鹿児島名物である黒豚・黒牛など、鹿児島の旨みが詰まった旬の味を味わうことができる。お米には鹿児島県産のお米を使用している。

食事前後の中庭や、豊松庭(プール側)の散策も楽しみのひとつ。

白水館

【2食付きおすすめ宿泊プラン】

【一番人気】森伊蔵付き!郷土の絶品食材を使用した「黒豚しゃぶしゃぶ会席プラン」


森伊蔵付き!鹿児島の旬にこだわった「季節の和食会席プラン」


森伊蔵付き!地元食材にこだわった「イタリアンディナープラン」


歩くだけでもわくわくする指宿白水館は、誰もが一度は泊まりたい旅館!

白水館
洗練された館内は、見渡す限り和空間が広がる上質な旅館。鹿児島県民も、口を揃えて“泊まりたい”という宿だ。写真の「焼酎道場」は、大浴場すぐ近くにあり、幻の焼酎と言われる「森伊蔵」をはじめとした焼酎数々が並んでいる。無料試飲も楽しむことができるので、元禄風呂の待合に焼酎をたしなむのもおすすめだ。

今回は期間限定・ちゅらとく限定クーポンがあるので、是非この機会に指宿市と指宿白水館を満喫してはいかがだろう。

◆鹿児島の魅力をもっと知ろう!沖縄県民に鹿児島旅行をおすすめしたい理由はこちら

★ちゅらとく特典
2019年2月25日(月)~7月31日(水)までの期間予約の方限定!予約フォームの「備考欄」に「ちゅらとくを見ました」と記入の方限定『ラウンジドリンク券』プレゼント!

◆指宿白水館
【住所】鹿児島県指宿市東方12126-12
【電話番号】0993-22-3131
【FAX】 0993-23-3860
⇒公式サイトはこちら

地図を見る