1. 【公園】大きなシーサーがお出迎え!動物にも触れ合える「残波岬公園」
読谷村

【公園】大きなシーサーがお出迎え!動物にも触れ合える「残波岬公園」

(投稿日:2020年09月25日)

スポット
  • レジャー・体験
  • スポーツ

広大な敷地の中にある残波岬公園は、2016年4月にリニューアル。

残波ビーチ近くの高台にあり、白波が立つ大海原を眺めるロケーションが抜群。

大型遊具のほかに、多目的広場、ヤギやカメとのふれ合いコーナー、レストラン、BBQ場などの充実した公園だ。

残波ビーチも目の前にあるので、夏には海で遊べるのも嬉しいポイント。

■1歳~3歳までの乳幼児専用エリア「すくすくランド」

残波岬公園
角がないデザインの遊具や地面が柔らかい素材でできているなど、安心して遊ぶことができるので、つたい歩きなど小さな子どもの遊びにはピッタリのエリアだ。また、エリアの中心には小さなベンチもあるので、安心して見守りながら、ママ友同士のコミュニケーションの場としても最適。

■遊びながら学べる幼児向け遊具

残波岬公園
ピースを動かしたり、パネルを揃えたりと、体を動かすだけでなく、見たり、聞いたり、考えたりと様々な感覚を使って楽しめるエリア。

■色々な遊び方満載!子どももおおはじゃぎ

残波岬公園
人気のウェーブスライダーや、ゆらゆら揺れるネットブリッジ、ボルダリングなど、色々な遊び方で楽しめるエリア。

■小さい子でも遊べるブランコ

残波岬公園
全部で8個のブランコがあり、定番のブランコからネットになったブランコまで楽しむことができる。

■大きなマウンテン出現!?

残波岬公園
ロープや岩壁を登ったりできるほか、大きな滑り台に挑戦することも。

■バスケットコート

残波岬公園
バスケットコートエリアでは、リングが3つあるので高学年から大人まで、思いっきり楽しめる。

■巨大なヘビの壁画は圧巻

残波岬公園
縦2.5メートル、横18メートルにもなる壁画は、読谷高校の美術部員が3日間かけ手掛けたそうだ。壁画制作をした年の干支にちなんでヘビを選び、体には影絵風に描かれたウサギやライオン、チョウなどが踊る。

■ヤギやカメとのふれ合いコーナー

残波岬公園
公園内には、ヤギ、黒豚、ウサギなどの動物触れ合いエリアがあり、エサやり体験をすることができる。

◆人気のブッフェも多数♪中部エリアのホテルレストランプランはこちら

ホテルレストランプランを見る

◆親子で楽しめる中部エリアの遊び体験プランはこちら♪

遊び・体験プランを見る

◆思いっきり楽しんだ後は、そのまま中部エリアにあるホテルへ泊まろう♪

ホテル宿泊プラン一覧はこちら



【施設名】
残波岬公園

【住所】
沖縄県中頭郡読谷村宇座1233

【営業時間】
終日開放
※施設によって異なる

【駐車場】
あり

【設備】
トイレ/東屋

【問い合わせ】
読谷村役場都市計画課 
電話番号⇒098-982-9220
⇒読谷村観光協会サイトはこちら


おでかけのきっかけ探しに☆県民限定プラン多数


ホテル宿泊TOPはこちら

ホテルレストランTOPはこちら

遊び・体験TOPはこちら

ツアーTOPはこちら